ウォレットのエイジング

e0088494_1953181.jpg
e0088494_1953245.jpg

@  Brown × Cerulean Blue
1年と半年ほど、バッグにて刻々エイジング。
経年変化で刻まれた密な風合いがようやく出始めたところ。(ポケットで育てる場合は、布との摩擦抵抗が大きく、エイジングも早めになります。)
Dazzleの革の本質的な雰囲気が出てくるのは、まだまだ先。
アトリエメンテナンスでしっかりと油分ロウ分を補給し、磨き上げ小傷を消し去り飼い主の元へ。

月に一度の乾拭きも、どうぞお忘れなく◎

※生きた革を使っております。
乾拭きは洗い立ての柔らかい布で、窓の指紋を拭き取るような感覚で磨いてあげてください。
手油やハンドクリーム(日焼け止め等も含む)の付着をそのまま放って置くと、革の呼吸を止めてしまいます。
革の表面が程よく乾拭きされていれば、タンニンなめしの革が美しく経年変化できる環境の出来上がり。

あとは時を刻むだけ。
by dazzle_genuine | 2010-02-06 20:58 | Wallet 財布 | Comments(0)
<< 包 ** >>